世界遺産候補エリア内の教会見学は
【事前連絡】をお願いします。
※大浦天主堂の見学には、事前連絡は必要ありません。
※対象となる教会は、一覧表示に掲載の9つの教会です。

■事前連絡確認

教会見学に当たってのお願い

教会堂は「祈りの場」ですので、見学マナーを守り、厳粛な雰囲気の中で心静かにお過ごしください。教会行事(ミサ、葬儀等)により見学できない場合や、一度に多くの見学者を受け入れられない場合もあるため、見学を希望される際には【事前連絡】をお願いしています。
なお、大野教会堂については、原則、内部は非公開のため外観のみの見学になります。
田平天主堂は、世界遺産候補に関連する重要な文化財として多くの皆様にご訪問いただいている現状を踏まえ、同様に事前連絡をお願いしています。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産とは

長崎のキリスト教の歴史

長崎を中心としたキリスト教年表

戦国時代 Age of Civil Wars

西暦 世界 日本 長崎・天草
1492 コロンブス、新大陸発見
1498 バスコ・ダ・ガマ、インド航路開拓
1517 マルチン・ルター、宗教改革(プロテスタントの源流)
1534 イギリス国教会が設立される
ロヨラ、ザビエルらが、カトリック宣教を推進するイエズス会を設立する
1543 ポルトガル人、種子島で鉄砲を伝える
1549 フランシスコ・ザビエル、鹿児島に上陸
1550 ザビエル、平戸で布教開始
1552 ザビエル、インドのゴアに到着(同年、中国南部のサンショアン島で死去)
1558 平戸松浦氏、仏教勢力の要請で宣教師ヴィレラを平戸から追放
1561 平戸「宮の前事件」でポルトガル商人死傷
1562 ポルトガル船、平戸から横瀬浦港(大村領)に移る
1563 大村純忠、洗礼を受ける
横瀬浦が焼き討ちに合い、ポルトガル船は平戸に移る
1565 ポルトガル船、福田港(大村領)に移る
1567 ポルトガル船、島原・口之津に入港
五島を支配する宇久純尭が洗礼を受ける
1568 オランダ、スペインからの独立戦争(80年戦争)を始める
1569 織田信長、フロイスに京都での布教を許す
長崎初の教会(トードス・オス・サントス)建設
1570 大村純忠とイエズス会が長崎港開港協定
1571 ポルトガル船、長崎に初めて入港(長崎に6町が造られる)
天草鎮尚とその子久種が洗礼を受ける
1573 足利義昭が織田信長に敗れ、室町幕府が滅亡する

安土・桃山時代 Azuchi-momoyama period

西暦 世界 日本 長崎・天草
1576 織田信長、安土城を築く
1578 大友宗麟、洗礼を受ける
1579 イエズス会巡察使ヴァリニヤーノ、口之津(島原)来航
1580 安土にセミナリヨが開設される
1580 大村純忠、長崎と茂木をイエズス会に寄進
有馬晴信、洗礼を受け、日野江城下にセミナリヨを開設
1582 織田信長、本能寺の変で死没する
1582 天正遣欧使節、長崎を出発(1584年、ローマ教皇謁見)
1584 有馬晴信、浦上村をイエズス会に寄進
1585 豊臣秀吉、関白になる
1587 豊臣秀吉、島津氏を降伏させ、九州を平定する
その後、博多で伴天連追放令を発布する
1587 大村純忠、死没
1588 アルマダの海戦でイギリスがスペイン無敵艦隊に勝利する
1588 豊臣秀吉、長崎・茂木・浦上を直轄地にする
1590 天正遣欧使節、帰国(活版印刷機を持ち帰る)
1591 天正遣欧使節、豊臣秀吉に謁見
1591 有馬のコレジヨを天草に移転して「天草学林」を開く
1592 文禄の役(豊臣秀吉の朝鮮出兵)が始まる
1596 サン・フェリペ号事件が起きる
1597 慶長の役(豊臣秀吉の朝鮮出兵)が始まる
1597 日本二十六聖人、長崎・西坂の丘で殉教
1598 豊臣秀吉、死没する
1600 イギリス東インド会社が設立される
オランダ商船リーフデ号、豊後(大分)に漂着(日蘭交流の開始)
1600 徳川家康、関ヶ原の戦いで勝利し、実権を握る
1601 日本人初の司祭誕生(ルイス・ニアバラ、セバスチャン・キムラ)
日本最大の「被昇天のサンタ・マリア教会」が建てられる
1602 オランダ東インド会社が設立される

江戸時代 Edo period

西暦 世界 日本 長崎・天草
1603 徳川家康、徳川幕府を開く
1605 長崎、徳川幕府の天領となる
1606 大村喜前(純忠の子)、棄教し領内の宣教師らを追放
1609 ガスパル西玄可、平戸・生月島で殉教
オランダ東インド会社、平戸にオランダ商館を設置する
1610 有馬晴信、長崎港でポルトガル船を撃沈(マードレ・デ・デウス号事件)
1612 有馬晴信、岡本大八事件で斬首される
1612 長崎をはじめ、天領に禁教令
1613 伊達政宗、慶長遣欧使節をローマに派遣
1613 イギリス東インド会社、平戸にイギリス商館を設置する
1614 全国に禁教令
1614 長崎の教会のほとんどが破壊される
宣教師らがマニラやマカオに追放される
1615 大阪夏の陣で豊臣家滅亡
1622 元和の大殉教
平戸・中江ノ島で殉教が始まる(~1624年)
1627 雲仙地獄で拷問始まる
1628 このころ、長崎と周辺で絵踏みが始まる
1633 鎖国令(老中の奉書持参の船以外の海外渡航禁止など)
1633 中浦ジュリアン、西坂で殉教
1634 出島の築造に着手
1635 鎖国令(オランダや中国船等の入港を長崎に限定するなど)
1636 鎖国令(ポルトガル人との混血児・日本人母親を国外追放など)
1636 出島が完成し、ポルトガル人を収容する
1637 島原の乱が始まる(一揆勢、原城跡に籠城)
1638 島原の乱が鎮圧される
1639 鎖国令(ポルトガル船の来航を禁止)
1641 鎖国の完成
1641 オランダ商館を平戸から長崎出島に移す
1644 国内最後の神父(小西マンショ)が殉教
1653 パリ外国宣教会が設立される
1657 大村で郡崩れが起きる
1790 浦上一番崩れが起きる
1797 五島藩の要請で大村領から108人が五島に渡る(この前後から、約3千人が五島に渡り、各地に潜伏キリシタン集落ができる)
1805 天草崩れが起きる
1839 浦上二番崩れが起きる
1844 パリ外国宣教会のフォルカード神父が琉球に上陸(1846年まで)
1846 教皇庁がフォルカード神父を初代日本代牧区長(教区長)に任命(ただし入国はできず)
1853 ペリーが来航する
1854 日米和親条約が締結される
1856 日蘭和親条約が締結される
1856 浦上三番崩れが起きる
1858 日本、欧米主要国と修好通商条約を締結する(外国人居留地の設置が決まる。居留地在住外国人の信教の自由と居留地における教会建設が認められる)
1858 長崎奉行、絵踏みを廃止
1859 神奈川・長崎・箱館(函館)を開港する(外国人居留地が設置される)
(長崎では大浦一帯を中心に居留地が造営される)
1859 アメリカ監督教会の宣教師リギンズとウィリアムズが長崎に来る
アメリカ・オランダ改革派教会の宣教師フルベッキが長崎に来る
1862 パリ外国宣教会のジラール神父、横浜にカトリックの教会を建設する
1862 長崎に日本初のプロテスタント教会が建つ
1863 パリ外国宣教会のヒューレ神父とプチジャン神父が長崎に来る
1865 大浦の外国人居留地に大浦天主堂が完成、そこで「信徒発見」が起きる

明治時代 Meiji Era

西暦 世界 日本 長崎・天草
1868 明治政府樹立
1867 浦上四番崩れが起きる
1868 浦上四番崩れで第一次流配が起きる
五島崩れが起きる
1869 浦上四番崩れで第二次流配が起きる
1871 岩倉使節、欧米を訪問
1872 米国大統領、岩倉使節に禁教令解除を勧告
1873 キリシタン禁制の高札撤去
1873 浦上四番崩れの流配者が釈放され、帰還する
1876 教皇庁が日本の教会を北緯代牧区と南緯代牧区とに分ける(長崎・天草は南緯代牧区の管轄)
1881 旧五輪教会が、浜脇教会として建てられる(1931年に移築)
1882 現在の出津教会が建てられる
1888 中緯代牧区が設定され、日本の教会は北緯・中緯・南緯の3つの代牧区に分けられる(長崎・天草は南緯代牧区の管轄)
1889 大日本帝国憲法に信教の自由が明文化される
1890 長崎(大浦)で信徒発見25周年が祝われる
信徒発見25周年に合わせて長崎で日本カトリック教会最初の教会会議が開催される(朝鮮カトリック教会と合同で)
1891 教皇庁が日本の教会を東京・函館・大阪・長崎の4つの教区に分ける(天草は長崎教区の管轄)
1893 大野教会が建てられる
1902 現在の黒島教会が建てられる
1908 野首教会完成(1971年、集団離村で廃堂になる)
1927 早坂久之助神父が日本人として初めて司教に任ぜられ、教区長として長崎教区(管轄区域は現在の長崎県)に赴任する(天草は福岡教区の管轄になる)

大正時代 Taisho Era

西暦 世界 日本 長崎・天草
1918 現在の田平教会が建てられる
現在の江上教会が建てられる
1919 現在の頭ヶ島教会が建てられる

昭和時代 Showa Era

西暦 世界 日本 長崎・天草
1930 コルベが長崎に来る(翌年、聖母の騎士修道院を設立)
1933 大浦天主堂が国宝に指定される
1934 現在の﨑津教会が建てられる
1939 第二次世界大戦が起きる(1945年、終戦)
1945 長崎原爆で浦上教会が倒壊(1959年、再建)
1946 日本国憲法が公布される
1953 大浦天主堂、戦後新法下において改めて国宝に指定される
1962 日本二十六聖人記念館と記念碑が造られる
1981 ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世が長崎を訪問

平成時代 Heisei Era

西暦 世界 日本 長崎・天草
2007 長崎の教会群等がユネスコの世界文化遺産候補になる
2008 日本人殉教者188人を福者にする列福式が長崎で開催
2015 信徒発見150周年(3月17日) 長崎の教会群の推薦書(正式版)をユネスコに提出

教会を訪れる。構成資産候補紹介

大浦天主堂大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)
大浦(おおうら)地区(長崎市)
外海の出津集落外海(そとめ)出津集落(しつしゅうらく)
外海(そとめ)地区(長崎市)
外海の大野集落外海(そとめ)大野集落(おおのしゅうらく)
外海(そとめ)地区(長崎市)
黒島の集落黒島(くろしま)集落(しゅうらく)
黒島(くろしま)地区(佐世保市)
平戸の聖地と集落平戸(ひらど)聖地(せいち)集落(しゅうらく)
春日集落(かすがしゅうらく)安満岳(やすまんだけ)
中江ノ島(なかえのしま)
平戸(ひらど)生月(いきつき)地区(平戸市)
野崎島の集落跡野崎島(のざきじま)集落跡(しゅうらくあと)
小値賀(おぢか)地区(小値賀町)
頭ヶ島の集落頭ヶ島(かしらがしま)集落(しゅうらく)
上五島(かみごとう)地区(新上五島町)
久賀島の集落久賀島(ひさかしま)集落(しゅうらく)
下五島(しもごとう)地区(五島市)
奈留島の江上集落奈留島(なるじま)江上集落(えがみしゅうらく)
(江上天主堂とその周辺)
下五島(しもごとう)地区(五島市)
原城跡原城跡(はらじょうあと)
南島原(みなみしまばら)地区(南島原市)
天草の﨑津集落天草(あまくさ)﨑津集落(さきつしゅうらく)
天草(あまくさ)地区(熊本県天草市)

関連遺産
related sites

田平天主堂田平天主堂(たびらてんしゅどう)
平戸(ひらど)生月(いきつき)地区(平戸市)
日野江城跡日野江城跡(ひのえじょうあと)
南島原(みなみしまばら)地区(南島原市)

エリアから探す