世界遺産候補エリア内の教会見学は
【事前連絡】をお願いします。
※大浦天主堂の見学には、事前連絡は必要ありません。
※対象となる教会は、一覧表示に掲載の9つの教会です。

■事前連絡確認

教会見学に当たってのお願い

教会堂は「祈りの場」ですので、見学マナーを守り、厳粛な雰囲気の中で心静かにお過ごしください。教会行事(ミサ、葬儀等)により見学できない場合や、一度に多くの見学者を受け入れられない場合もあるため、見学を希望される際には【事前連絡】をお願いしています。
なお、大野教会堂については、原則、内部は非公開のため外観のみの見学になります。
田平天主堂は、世界遺産候補に関連する重要な文化財として多くの皆様にご訪問いただいている現状を踏まえ、同様に事前連絡をお願いしています。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産とは

世界文化遺産としての価値

概要

大航海時代に日本に伝わったキリスト教が日本古来の文化との交流を通じて深く浸透し、その後の禁教下でも潜伏信仰として苦難を乗り越え、開国を機に復活を果たしました。この4世紀にわたる歴史を伝える、城跡や教会、文化的景観が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」です。

ユネスコが定める世界遺産の評価基準を満たしていると考えられます。

評価基準(ⅱ)
4世紀にわたる、キリスト教を通じた日本と西欧の価値観の交流を物語る遺産(独特の集落景観や独特かつ多様なスタイルの教会)
評価基準(ⅲ)
地域特有の生活環境、地理的環境及び民俗的慣習を背景とした独特な宗教・文化的伝統の形成を物語る希有な物証(多様な信仰が共存する伝統を示す、城跡、歴史的景観、教会建築)
評価基準(ⅳ)
4世紀にわたる過程を経た「東西の出会い」、信仰の継続という顕著な出来事と直接関連する遺産

名称

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」“Hidden Christian Sites in the Nagasaki Region”

所在地

長崎県長崎市・佐世保市・平戸市・五島市・南島原市・小値賀町・新上五島町、熊本県天草市

暫定一覧表記載年

2007年

教会を訪れる。構成資産候補紹介

大浦天主堂大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)
大浦(おおうら)地区(長崎市)
外海の出津集落外海(そとめ)出津集落(しつしゅうらく)
外海(そとめ)地区(長崎市)
外海の大野集落外海(そとめ)大野集落(おおのしゅうらく)
外海(そとめ)地区(長崎市)
黒島の集落黒島(くろしま)集落(しゅうらく)
黒島(くろしま)地区(佐世保市)
平戸の聖地と集落平戸(ひらど)聖地(せいち)集落(しゅうらく)
春日集落(かすがしゅうらく)安満岳(やすまんだけ)
中江ノ島(なかえのしま)
平戸(ひらど)生月(いきつき)地区(平戸市)
野崎島の集落跡野崎島(のざきじま)集落跡(しゅうらくあと)
小値賀(おぢか)地区(小値賀町)
頭ヶ島の集落頭ヶ島(かしらがしま)集落(しゅうらく)
上五島(かみごとう)地区(新上五島町)
久賀島の集落久賀島(ひさかしま)集落(しゅうらく)
下五島(しもごとう)地区(五島市)
奈留島の江上集落奈留島(なるじま)江上集落(えがみしゅうらく)
(江上天主堂とその周辺)
下五島(しもごとう)地区(五島市)
原城跡原城跡(はらじょうあと)
南島原(みなみしまばら)地区(南島原市)
天草の﨑津集落天草(あまくさ)﨑津集落(さきつしゅうらく)
天草(あまくさ)地区(熊本県天草市)

関連遺産
related sites

田平天主堂田平天主堂(たびらてんしゅどう)
平戸(ひらど)生月(いきつき)地区(平戸市)
日野江城跡日野江城跡(ひのえじょうあと)
南島原(みなみしまばら)地区(南島原市)

エリアから探す