世界遺産候補の教会見学は
【事前連絡】が必要です!
※大浦天主堂の見学には、事前連絡は必要ありません。

■事前連絡番号

教会見学に当たってのお願い

教会堂は「祈りの場」ですので、見学マナーを守り、厳粛な雰囲気の中で心静かにお過ごしください。
また、教会行事(ミサ、葬儀等)により見学できない場合や、一度に多くの見学者を受け入れられない場合もあるため、見学を希望される際には【事前連絡】をお願いしています。

ホーム > 教会を訪れる > 江上天主堂 > 教会見学時のマナーと利用規約

教会見学時のマナー

教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場であって観光施設ではありません。
観光を目的として訪問される際には教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

これだけは守っていただきたいこと

  • 内陣(祭壇)の所は神聖な場所です。絶対に立ち入らないようにしましょう。
  • ミサ(礼拝)は神聖な儀式です。写真撮影は止めましょう。
  • 教会内での飲食や、タバコの喫煙は禁止です。
  • 大声で騒いだり走り回るのもマナー違反。特に子どもさんをお連れの場合は同伴者が気を配って見学するようにしましょう。
  • 教会堂内にはいろんな物(聖書、祭礼品、装飾物など)があります。むやみに手を触れないようにしましょう。
  • 教会のトイレは信者さんのためのものですので、できるだけ教会以外のトイレのご利用をお願いします。
服装は神聖な場所にふさわしいものを。
平服で構いませんが常識の範囲で。極端に肌を露出した服の着用は避けましょう。
教会は祈りの場として通常開いています。(管理上閉まっている教会もあります)
中央正面のドアは主に儀式の時のものです。土足厳禁の表示があるときは靴は下駄箱へ。脱帽して静かに入堂しましょう。
入口近くにある水の入った容器は「聖水盤」です。
信者さん達が聖堂に入るときに十字を切って心を清めるために使います。
まずは静かに椅子に座ってみてください。
飲食、喫煙、飲酒は厳禁。大きな声でのお喋りも慎みましょう。また椅子や机に置いてある聖書や祈祷書などは私物ですから触らないようにしましょう。
聖堂内の厳粛な雰囲気を感じてください。
教会にはその地に生きた人びとの祈りがしみ込んでいます。心静かにその声を聞いてみましょう。
内陣はもっとも神聖な場所です。
教会堂正面奥の祭壇のある一段高くなった「内陣」は、毎朝、主の「最後の晩餐」の記念であるミサが行われます。聖職者以外立入りが許されません。絶対に立ち入らないでください。
聖堂内部の写真撮影は禁止です。
カメラでは写せないものを心のフィルムに残してください。
ミサ時の入堂は、ご遠慮して頂くこともあります。
日曜日の朝はほとんどの教会で、主の「最後の晩餐」の記念であるミサがおこなわれていますが、教会によっては、信者でない方には、入堂をご遠慮して頂く場合もあります。ただし、参加された場合でも、ミサの中でおこなわれる聖体拝領(小さな白いパンを受ける儀式)は、信者さんだけに限られていますから、静かに椅子に座ったままでいてください。
また祈っている人がいるとき、結婚式、葬式などがおこなわれている時の入堂も遠慮しましょう。
お礼をしたいときは。
見学させて頂いた感謝の気持ちを捧げたい方は、設置してある献金箱に寄付をされてはいかがでしょうか。

※皆様の献金は、清掃等の維持管理に生かされています。

聖水盤
聖水盤
※聖水盤の形は各教会によって様々です。

内陣
内陣

「教会見学の事前連絡システム」利用規約

第1条(総則)
1.この規約は、長崎の教会群インフォメーションセンター(以下「センター」といいます。)が管理・運営する「教会見学の事前連絡システム」(以下「システム」といいます。)を利用する際に適用される条件及び全ての利用者が遵守すべき事項を定めるものです。
2.システムを利用する場合は、この規約、システムの操作方法及び別途定めるルールに従うものとします。
第2条(用語の定義)
この規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
(1) 利用者 個人又は団体に関わらず、システムを利用しようとする全ての者をいいます。
(2) 登録利用者 システムにおいて自らの住所等の情報を登録した利用者をいいます。
(3) 個人 5名以下の見学者をいいます。
(4) 団体 ツアー主催者(旅行社等)や6名以上の個人旅行グループをいいます。
(5) 事前連絡 教会の見学を希望する者(個人・団体を問いません。)が、システムを利用し見学を申込むことをいいます。
第3条(利用料金)
システムの利用料金は、無料とします。
第4条(利用者情報の登録)
1.利用者は、システムを利用するに当たり、自らの利便性向上のため、住所等の情報を登録することができます。
2.システムを利用する旅行社は、次回以降の利用時における入力作業の簡略化のため、登録を推奨します。
第5条(ログインID・パスワードの管理等)
1.登録利用者は、自己のログインID及びパスワードの使用・管理について一切の責任を負うものとします。
2.センターは、登録利用者のログインID及びパスワードが他者に使用されたことにより当該登録利用者が被った直接又は間接の損害、責任、負担及び損失等(以下「損害等」といいます。)について、当該登録利用者の過失の有無を問わず、一切の責任を負いません。
第6条(登録情報の変更)
1.登録利用者は、その登録情報の内容に変更が生じた場合、システムにおいて速やかに修正を行うものとします。
2.前項の修正が行われなかったことにより生じた損害等について、センターはその責任を一切負わないものとします。
3.登録利用者は、第1項の修正を怠ったことにより、センターからの通知が不到達となったとしても、通常到達すべきときに当該通知が到達したとみなされることを、あらかじめ異議なく承諾するものとします。
第7条(利用停止の措置等)
1.センターは、利用者がこの規約における遵守事項に違反した場合その他センターがシステムの運営上不適当と判断した場合には、受付済みの当該利用者からの事前連絡内容を取り消し、当該利用者のシステムの利用停止を行うことができるものとします。
2.センターは、登録利用者がこの規約における遵守事項に違反した場合その他センターがシステムの運営上不適当と判断した場合には、受付済みの当該登録利用者からの事前連絡内容を取り消し、または登録情報を削除することができるとともに、当該登録利用者のシステムの利用停止を行うことができるものとします。
第8条(受付期間)
システムによる見学の事前連絡を受け付ける期間は、見学日の6か月前から3日前までとします。
第9条(見学希望日時等の変更)
見学希望日時等に変更が生じる場合には、事前連絡を行った者は速やかにシステムにより変更入力を行うものとします。
第10条(センターからの通知)
1.センターからの通知は、原則としてシステム上の掲示又は電子メールその他センターが適当と認める方法により行うものとします。
2.前項の通知が利用者の入力済み電子メールアドレス宛に送信される場合、当該通知は当該メールの受信サーバに到達した時点で利用者に到達したものとみなします。
3.第1項の通知がシステム上の掲示により行われる場合、当該通知はシステムに掲示され、利用者がシステムにアクセスすれば当該通知を閲覧することが可能となった時点で利用者に到達したものとみなします。
第11条(葬儀等の実施に伴う通知)
1.センターが事前連絡を受け付けた後に、新たなミサの開催、ミサの日程変更、葬儀等の行事、修復工事等により、教会を見学することができなくなることがあります。
その際には、センターは速やかに事前連絡を行った利用者に対し、その旨を通知するものとします。
2.前項の通知がセンターの責めによらない通信環境の不具合等により実施できなかった場合であっても、センターは一切の責任を負わないものとします。
第12条(システム利用上の禁止行為)
利用者は、システムの利用に当たり、次に定める行為をしてはならないものとします。
  • システムに関する情報を改ざんする行為
  • 他人になりすましてシステムを利用する行為
  • センターが承認した方法以外の方法によりシステムを利用する行為
  • システムに有害な情報を書き込み、または過度の負荷をかける行為
  • 本人の同意を得ることなく、また不正な手段により、第三者又はセンターの情報を収集する行為
  • システムの利用、提供又は運営を妨げる行為
  • その他、センターが不適切と判断する行為
第13条(見学における遵守事項)
1.教会堂は祈りの場であって文化財でもあることに配慮し、見学の際にはマナーを遵守するものとします。
2.教会堂内の撮影はできません。
第14条(入力情報の取扱い)
センターは、システムにおいて収集された情報について、その運用に必要な範囲においてのみ使用し、その管理には十分な注意を払うものとします。
第15条(システムの一時的な停止)
センターは、次のいずれかに該当する場合、事前に通知することなく、システムの全部又は一部の停止、利用制限その他必要な措置を行うことができるものとします。
  • システムの保守又は仕様の変更を行う場合
  • 火災、停電、天災地変等の不可抗力により、システムの運営が困難な場合
  • 電気通信事業者の役務が提供されない場合
  • その他、運用上若しくは技術上の事由又は不測の事態によりセンターがシステムの運営が困難であると判断した場合
第16条(規約の変更)
1.センターは、利用者の事前の承諾を得ることなく、この規約を変更することができるものとします。
2.この規約の変更後、システムを利用した場合、当該利用者は当該変更を承諾したものとみなします。
第17条(損害賠償義務)
利用者の責めに帰すべき事由により、センターが損害等を被った場合には、当該利用者は当該損害等につき賠償の責任を負うものとします。
第18条(免責事項)
1.自然災害、保守点検、第三者による情報の改ざんや漏洩等により発生した損害等について、センターの責めに帰すべき事由による場合を除き、センターは一切責任を負いません。
2.前項の他、システムに関連して発生した利用者との一切の紛争について、当該紛争がセンターの責めに帰すべき事由による場合を除き、センターは一切責任を負いません。

附則 この規約は、平成27年9月1日から適用します。

教会を訪れる。構成資産候補紹介

大浦天主堂大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)関連施設(かんれんしせつ)
大浦(おおうら)地区(長崎市)
出津教会堂と関連施設出津教会堂(しつきょうかいどう)関連施設(かんれんしせつ)
外海(そとめ)地区(長崎市)
大野教会堂大野教会堂(おおのきょうかいどう)
外海(そとめ)地区(長崎市)
黒島天主堂黒島天主堂(くろしまてんしゅどう)
黒島(くろしま)地区(佐世保市)
田平天主堂田平天主堂(たびらてんしゅどう)
平戸(ひらど)生月(いきつき)地区(平戸市)
平戸の聖地と集落平戸(ひらど)聖地(せいち)集落(しゅうらく)
春日集落(かすがしゅうらく)安満岳(やすまんだけ)
中江ノ島(なかえのしま)
平戸(ひらど)生月(いきつき)地区(平戸市)
野崎島の野首・舟森集落跡野崎島(のざきじま)野首・舟森集落跡(のくび・ふなもりしゅうらくあと)
小値賀(おぢか)地区(小値賀町)
頭ヶ島天主堂頭ヶ島天主堂(かしらがしまてんしゅどう)
上五島(かみごとう)地区(新上五島町)
旧五輪教会堂旧五輪教会堂(きゅうごりんきょうかいどう)
下五島(しもごとう)地区(五島市)
江上天主堂江上天主堂(えがみてんしゅどう)
下五島(しもごとう)地区(五島市)
日野江城跡日野江城跡(ひのえじょうあと)
南島原(みなみしまばら)地区(南島原市)
原城跡原城跡(はらじょうあと)
南島原(みなみしまばら)地区(南島原市)
天草の﨑津集落天草(あまくさ)﨑津集落(さきつしゅうらく)
天草(あまくさ)地区(熊本県天草市)

エリアから探す