世界遺産候補の教会見学は
【事前連絡】が必要です!
※大浦天主堂の見学には、事前連絡は必要ありません。

■事前連絡番号

教会見学に当たってのお願い

教会堂は「祈りの場」ですので、見学マナーを守り、厳粛な雰囲気の中で心静かにお過ごしください。
また、教会行事(ミサ、葬儀等)により見学できない場合や、一度に多くの見学者を受け入れられない場合もあるため、見学を希望される際には【事前連絡】をお願いしています。

教会を訪れる

ホーム > 教会を訪れる > 天草の﨑津集落

天草の﨑津集落

﨑津は、天草諸島の下島の南部に位置する漁村で、土地が狭いため海上に柱を立てたカケ(作業場)や、密集した民家の間にトウヤ(※)が発達する。隣の今富集落とともに、2012年に「天草市﨑津・今富の文化的景観」として国の重要文化的景観に指定され、このうち「天草の﨑津集落」が世界遺産候補となっている。


戦国時代、領主の天草氏は1566年に布教を許し、教会が建てられた。その後、キリシタン大名・小西行長が肥後南部を支配すると、天草氏は配下になり、秀吉の伴天連追放令後も宣教師を庇護した。禁教後、この地の潜伏キリシタンは島原天草の乱には加わらず、信仰を続ける。1805年、﨑津周辺で5,000人以上が摘発される「天草崩れ」が発生するが、「心得違いをしていた」とみなされて放免された。


1873年に信教の自由が黙認されると、カトリックへの復帰が始まる。現在の教会は1934年頃、ハルブ神父の時代に鉄川与助が設計施工した。木造で、正面の尖塔部分は鉄筋コンクリート、内部は畳敷きで祭壇はかつて絵踏みが行われていた位置に当る。背後の海に溶け込み「海の天主堂」とも呼ばれている。


(※)細い通路

天草の潜伏キリシタンの集落として知られる﨑津や大江は、天草諸島で最も大きい下島の南西部(下天草)に位置する。東シナ海から深く入り込む羊角湾の入口に当る天然の良港で、古くから遣唐使船や朝鮮船の漂着があるなどアジア諸国との交流が深い地であった。農地は少なく、生業は漁業で、江戸時代は代官所が漁に出ることを許した水夫「荷子(かこ)」が集う「定浦」のひとつであった。土地が狭いため、シュロの木を柱にして陸地から海に突き出したカケ(※1)が多く見られる。また、密集した民家の隙間を通って海やカケに出るため、トウヤ(※2)が発達し、特異な漁村景観を形作っている。


﨑津から内陸に入ったところに今富がある。ここは農業主体の集落で、﨑津からメゴイナイと呼ばれる行商が雑漁を売りに来る一方、今富から米や野菜を供給、また漁船の労働力を提供するという相互依存関係にあった。この異なる生業を持つ2集落によって一体的に形成される「天草市﨑津・今富の文化的景観」は、2012年に国の重要文化的景観に選定された。このうち、「天草の﨑津集落」が世界遺産候補とされている。


﨑津地区が属する河内浦では、下天草を支配する天草氏が南蛮貿易を狙い、1566年にアルメイダ修道士らを受入れ、同年には﨑津に教会が建てられる。1571年には、ガブラル神父により、領主の天草鎮尚(ミゲル)とその子・久種(ジョアン)が洗礼を受けて領内にキリストが広がり、1592年には15,000人もの信者がいたとされる。その後、キリシタン大名として知られる肥後国の小西行長が支配すると、天草氏らは反乱「天草合戦」を起こすが平定され、後に和解して従うようになり、キリスト教が根付いた。豊臣秀吉の伴天連(ばてれん)追放令後も、天草氏は宣教師らを庇護し、人目につきやすい有馬領からコレジヨ(※3)やノヴイシアド(※4)が天草に移転した。コレジヨは「天草学林」とも言われ、天正遣欧使節が持ち帰ったグーテンベルク印刷機で、教理本や日本・ポルトガル辞書、源氏物語などの「天草本」が印刷された。


その後禁教の時代を迎え、一部の信者は潜伏キリシタンになる。島原天草の乱後、一揆に関連した者は根絶やしにされたが、乱に加わらなかった下天草のキリシタンは潜伏信仰を続けた。ところが1805年に「天草崩れ」が発生、﨑津、大江、今富村など10,000人余のうちの半数5,200人がキリシタンであると判明する。あまりの多さに厳重な処罰はかえって難しく、「心得違いをしていたが改心した」とみなして放免したため、多くは信仰を捨てなかった。


明治時代に入り、1873年2月、キリシタン禁制の高札が撤去されると、4月には長崎・神ノ島の伝道士が天草・大江村に入り、カトリックへの復帰が始まる。﨑津村では1876年に多くがカトリックに改宗し、1882年にフェリエ神父が着任、1885年には教会が建てられた。明治中期には﨑津村600戸のうち550戸がキリスト教徒であったとされる。現在の教会は1934年頃、ハルブ神父の時代に鉄川与助が設計・施工した。基本的には木造であるが、正面にそびえる尖塔部分等は鉄筋コンクリート造り、内部は珍しい畳敷きで、祭壇はかつて絵踏みが行われていた位置に当る。海をバックに集落の中心に建つこの教会は「海の天主堂」とも呼ばれている。


(※1)作業施設
(※2)細い通路
(※3)高等神学校
(※4)修練院

住所 熊本県天草市河浦町﨑津574(﨑津教会)
ミサの時間 <ミサ(準備を含む)>
日曜のみ 8:00~9:30
見学受付時間

【﨑津教会】 9:00~17:00


・見学をご希望の場合は、当センターへ事前連絡をお願いします。
http://kyoukaigun.jp/reserve/list.php

・ミサ・葬儀等の教会行事の際には、見学できません。

・定例ミサ等の時間は、上記の「ミサの時間」でご確認ください。

・葬儀等の場合は、トップページのトピックスにてお知らせします。
http://kyoukaigun.jp/news/detail.php?id=39

交通アクセス

当ページ内「アクセス参考図はこちら」のPDFで一覧にしています。
この資産へのアクセスの参考としてご利用ください。

教会を訪れる。構成資産候補紹介

大浦天主堂大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)関連施設(かんれんしせつ)
大浦(おおうら)地区(長崎市)
出津教会堂と関連施設出津教会堂(しつきょうかいどう)関連施設(かんれんしせつ)
外海(そとめ)地区(長崎市)
大野教会堂大野教会堂(おおのきょうかいどう)
外海(そとめ)地区(長崎市)
黒島天主堂黒島天主堂(くろしまてんしゅどう)
黒島(くろしま)地区(佐世保市)
田平天主堂田平天主堂(たびらてんしゅどう)
平戸(ひらど)生月(いきつき)地区(平戸市)
平戸の聖地と集落平戸(ひらど)聖地(せいち)集落(しゅうらく)
春日集落(かすがしゅうらく)安満岳(やすまんだけ)
中江ノ島(なかえのしま)
平戸(ひらど)生月(いきつき)地区(平戸市)
野崎島の野首・舟森集落跡野崎島(のざきじま)野首・舟森集落跡(のくび・ふなもりしゅうらくあと)
小値賀(おぢか)地区(小値賀町)
頭ヶ島天主堂頭ヶ島天主堂(かしらがしまてんしゅどう)
上五島(かみごとう)地区(新上五島町)
旧五輪教会堂旧五輪教会堂(きゅうごりんきょうかいどう)
下五島(しもごとう)地区(五島市)
江上天主堂江上天主堂(えがみてんしゅどう)
下五島(しもごとう)地区(五島市)
日野江城跡日野江城跡(ひのえじょうあと)
南島原(みなみしまばら)地区(南島原市)
原城跡原城跡(はらじょうあと)
南島原(みなみしまばら)地区(南島原市)
天草の﨑津集落天草(あまくさ)﨑津集落(さきつしゅうらく)
天草(あまくさ)地区(熊本県天草市)

エリアから探す